fc2ブログ

[2023/12/01/Fri]

やあやあ!こんにちは!(・∀・)ノ
博多筑紫口店からあらきです!

あっという間に12月。
今年も残り31日。
やり残したこと、ありませんか?

コロナ禍が明けてやれるようになったこと、っていうのもあるでしょう。
来年は何をしますか?

PDCAサイクルでいえば、PでありCであり、というようなタイミング。
バタバタと忙しい時期ではありますが、次に繋げる振り返りと反省、そして画策、しっかりと意識していきたいですね!


さてさて、お仕事スイッチは退社とともに月の裏側に行ってしまう休日前夜。
秋になってからはクルマ系イベントも増え、なんだかんだで休日はスケジュールいっぱいになる出不精。なにこの矛盾(´・ω・`)

今回も会期が終わる前になんとか見ることができました!(・∀・)ノ

特別展 古代メキシコ~マヤ、アステカ、テオティワカン

世界史の授業なんかでは、あんまりディープなところは教科書にのってなかった気がするなぁ。。。
今の子たちはどうなんだろ?(´・ω・`)
大河ないから説を主張するには、いいのかそれで?っていうツッコミどころ満載。
紀元前数千年というエジプトさんには譲らざるを得ないけれど、それでも紀元前1500年というルーツを持つのだから、しっかりと知っておきたい文化だと思うの。

どの民族でも共通なのだなぁ、と感じるのが豊穣への祈り。
エジプト神話しかり、北欧神話しかり、日本神話ももちろんのこと、豊穣・大漁を司る神というのが必ず存在して、それはこの古代メキシコにおいても共通するものでした。
うん、やっぱり食べることって生きること。

古代メキシコにおいては、トウモロコシの女神様。
20231126mexico1.jpg
トウモロコシうぇ~いなカンジがしませんか?

これひとつ見ても思うのですが、古代のものとは思えないような細密な装飾なんですよ。
もっとこう、技術的な意味で雑というか稚拙というか、、、そういうものがほとんどなくて、手作業であろうと想像するのだけれど、そうは思えないほど緻密で繊細な線が施されているような印象を受けました。

20231126mexico3.jpg
20231126mexico2.jpg
こちらはテオティワカン遺跡から羽毛の蛇ピラミッドの羽毛の蛇神像。

エジプトのピラミッドもそうですが、石の切り出し、積み上げってマジでマンパワーでここまでできるものなの?って思ってしまいますよね!
で、この石の加工ですよ!
ちゃんと口の部分は彫り抜いてあるし!

あとね、今回の古代メキシコ展共通で思うのが、丸の描き方すごい。
ちゃんと丸なの。これすごいと思うの。
割りと他の文明って丸より幾何学模様っぽいのが多い気がするんですが、古代メキシコは丸が多い。

20231126mexico4.jpg
この羽毛の蛇ピラミッドの図面。
なんていうか、もうトラップしかないでしょ!っていうようなところを乗り越えて、調査兵団が派遣されてると考えると胸熱。
つか、こういったデジタル図面出てくるってのもすごいなおい!

20231126mexico5.jpg
これは嵐の神のオブジェ
豊穣にはやはり自然の気候が大きく作用するわけで、嵐の神を祀って祈りを捧げるということのようですね。
これは民家の外装に使われるものだそうで、日本で言えば鬼瓦のようなカンジかも。
そう考えると、交流のない他国の文化様式であれ、ヒトの考えることは同じってことでしょうか。

それはさておき、手がぱぁ~なカンジがとってもキュート・ポップですね!(・∀・)

ポップでキュートといえば

20231126mexico6.jpg
鳥型土器

装飾に貝殻が使われているのですが、なんともきゃわわな表情してませんか(´∀`*)
テオティワカン文明はポップカルチャー!(・∀・)ノ 
・・・いいのかそれで?

20231126mexico7.jpg
マヤ文明ゾーンに入ると、文字や天体観測に関する展示がぐっと増えてきます。
これは金星周期と太陽暦を表す石像とか。
うーん、よくわからんがそうなのか(´・ω・`)

20231126mexico8.jpg
こちらは王家の家系図が描かれた石板なのですが。。。画像だと何が彫られているのかよく見えないですね(´・ω・`)

20231126mexico9.jpg
文字を抜き出すとこうなる

わからん。。。(;・∀・)

20231126mexico10.jpg
よく見るとなんかかわいいのがいた!(・∀・)

そして、今回の展示の目玉!といえる「赤の女王」なのですが。。。。
出し惜しみすべきか、うーむ。。。。(´・ω・`)
実際に現物を見てほしいと思うんですよね。。。




20231126mexico11.jpg
悩んだけど載せちゃう!

何故か石棺の中は赤く塗られていた女王の棺。
その中から発見された遺体と装飾品。
マスクもバラバラになっていたというのですが、よくぞここまで復元できたものだなぁ、と感心せざるを得ない。
厳かに眠るこの一角は誰もが息をひそめるような、そんな空間でした。


まだまだたくさんの展示があり、日本人がなかなか知ることのなかった世界がここにはありました。
会期は2023年12月10日まで!
この機会に絶対に見に行ってほしい展示会ですよ!(・∀・)ノ

e1645933.jpg
ちな、この石仮面はありませんので間違えないように!



それではまた、次のブログでお会いしましょう!
アディオス・アミーゴ( ・∀・)ノ



よろしければポチッとお願いします


福岡でのお部屋探しには


大分でのお部屋探しには
bk_link_banner2.gif

別大興産(大分)のフェイスブックページはこちら
別大興産(福岡)のフェイスブックページはこちら


カテゴリ:雑記 | コメント(0)
プロフィール

bkfukuoka

Author:bkfukuoka
福岡県の福岡市を中心に地域密着した情報やたまに不動産、賃貸物件情報の提供も行っています。お薦めスポット等があれば是非教えてくださいね♪

■弊社ウェブサイトはコチラ

HOME'S接客ランキング
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2ブログランキング
よろしければ↓ポチッと押して下さい

地域情報:九州で参加しています。宜しければクリックをお願いします♪

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR